株式会社アイティー

auのケータイ、スマートフォンのことなら、auショップ出北、auショップ愛宕、auショップ平原、
auショップ佐土原、auショップ フレスポ宮崎花ヶ島へ

ホーム  >  会社案内

会社案内

概要

会社名 株式会社アイティー
所在地 〒882-0855 宮崎県延岡市卸本町9番14号
電話番号 TEL:(0982) 22-7539 FAX:(0982) 22-8608
設立 平成8年10月1日(1996/10/1)
事業内容 au携帯電話、KDDI関連商品販売
資本金 1,000万円
従業員数 40名 (2016年10月1日現在)
役員 代表取締役会長 池上 武博
代表取締役社長 池上 裕介

店舗

auショップ出北 〒882-0855 宮崎県延岡市卸本町9番14号
TEL:(0982) 22-7539
FAX:(0982) 22-8608
auショップ愛宕 〒882-0872 宮崎県延岡市愛宕町3-37
TEL:(0982) 26-9955
FAX:(0982) 26-8718
auショップ平原 〒882-0866 宮崎県延岡市平原町5丁目692-1
TEL:(0982) 23-1170
FAX:(0982) 23-1171
auショップ佐土原 〒880-0211 宮崎市佐土原町下田島20120番地35
TEL:(0985) 30-1170
FAX:(0985) 30-1171
auショップフレスポ宮崎花ヶ島 〒880-0036 宮崎市花ヶ島町小物町2669
TEL:(0985) 26-9725
FAX:(0985) 26-9730

取扱商品

携帯電話:KDDI(株)、auひかり

経営理念

社 是
   わが社は、みんなの力で発展する
      誠実・積極・前進
   よい会社をつくり、共に栄えよう


 ■わが社はみんなの力で発展する
  『みんな』とは、社員やその家族、お客様、取引先の皆さま、地域社会も含む会社に関わる
  全ての人たち全員で、ということです。一人でできることは限られています。みんなの力を
  合わせることでより大きな力を生み出すという意味と、協力してくれる周囲の人への感謝の
  気持ちを忘れないようにしたいという意味が込められています。
  『発展する』とは、伸び広がること、前に進むことです。会社に関わる全ての人たちと共に
  前に進んでいきたいという気持ちが込められています。

 ■誠実・積極・前進
  常に相手の立場に立って考え、真心をもって取り組む『誠実さ』、固定観念に捉われず、何
  事にも自分から進んで取り組む『積極性』、できない理由ではなくどうしたらできるかを考
  え、常に前向きな気持ちで取り組む『前に進む気持ち』など、社員に大切にしてもらいたい
  行動基準を示しています。

 ■よい会社をつくり共に栄えよう
  『よい会社』とは、社員やその家族といった会社に関わる全ての人が「幸せ」であり、その
  「幸せ」のためになくてはならない会社であることと定義しています。企業が利潤を追求す
  ることは株式会社である以上当然のことですが、利益追求だけが「幸せ」ではありません。
  社員やその家族といった会社に関わる全ての人にとってなくてはならない存在でなければ永
  続的な存続はできないでしょう。
  『共に栄える』とは、社員やその家族、お客様、取引先の皆さま、地域社会、会社そのもの
  をみんなで「より良く」していくということです。何かの縁があって共に働く仲間となった
  みんなで一緒に繁栄していきたいという創業者や先輩たちの気持ちが込められています。

経営方針
     確 か な 技 術 と 信 頼 で
        “ 満 足 ” を
      お 客 様 に 提 供 す る


   私たちは長年の間に積みあげてきた実績と経験、そして社員一人ひとりのたゆまぬ努力に
  によって技術力を高めています。顕在的なお客様のニーズに対応するだけでなく、潜在的な
  ニーズにも対応するために、高い専門的な知識はもちろんのこと関連性のある周辺分野の幅
  広い知識が必要です。そして経験によって知識が活かされることでお客様の多種多様なニー
  ズにお応えし、信頼を得ることができるのだと考えています。
   確かな知識と経験に裏打ちされた高い技術力があるからこそ「最高を超えたサービス」を
  お客様に提供し、信頼され、本当の意味で満足していただくことができる。それが私たちが
  目指しているお客様満足です。

行動指針
        それは昭和21年、創業のころから培われてきた基本精神です。
               
 信頼
すべては信頼関係の上に成り立っています。
まずは自分から信頼することができなければ、人から信頼されることはできません。
自分自身を信頼し、自分から相手を信頼することで、社員とその家族・お客様・取引先・地域
社会といった様々なステークホルダーからも信頼されることができると考えています。

 誠実
誠実とは、常に相手の立場になって考え、何事にも真心を込めて真剣に取り組むことです。
常に素直で正直な気持ちで何事にも向き合い、責任を持った言動を心がけることが大切だと考え
ています。

 積極
積極とは、固定観念や既成概念にとらわれず何事にも自分から進んで主体的に取り組むこと
です。決して受け身にならず、常に自ら動くことが大切だと考えています。

 前進
前進とは、できない理由では無く、どうしたらできるかを考え、常に前向きな気持ちで取り組む
ことです。挑戦することや努力することを惜しまず、一日一歩でも確実に成長しようという気持
ちが大切だと考えています。

 思いやり
お客様だけでなく、同僚や取引先、家族といった相手を尊重し、常に感謝の気持ちを忘れず謙虚
な姿勢で愛情をもって接すること、自利では無く利他の精神で接することが大切だと考えていま
す。

 協調性
組織の壁を越えてお互いに助け合い譲り合いながら目標を共有し、全員がひとつの輪(和)になる
ことで今以上の力を発揮することができると考えています。

 基本遵守
法令や規則などのルールを守ること、5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)などの基本的なことを
しっかりと遵守することを大切にしていきたいと考えています。

 明朗闊達
明るい雰囲気はいい仕事につながります。
どんなときも笑顔を絶やさず、常に明るく朗らかで、心を大きく持つことが大切だと考えていま
す。

 安全・健康
健全な仕事は健全な職場に、健全な精神は健全な身体に宿ります。
安心・安全な職場であること、心身ともに健康であることを大切にしていきたいと考えています。

 不屈の精神
どんなに困難なことでも諦めたらそこで終わりです。それ以上はありません。
困難に直面しても決して挫けず、最後まで諦めずにより良き姿を追求し続けることが大切だと考
えています。

経営目標
        まず相手を理解する
        次に自分を理解してもらう
        そして、お互いに理解しあう


私たちを取り巻く環境は常に変化、いや更に進化しています。 最近の政治・経済状況は、政治家による数々の疑惑や不祥事が続き、安倍首相による突然の解散宣言など政治は不安定なものの、一方で日銀短観は高水準を示しており、自動車産業の設備投資を中心に景況感が押し上げられています。通信業界では、地方でも格安スマホのさらなる普及が進み、キャリアによる競争が一段と激しくなり、代理店にも大きな影響を及ぼしています。また、電気通信関係の苦情増加により国からの是正措置などが厳しくなっており、代理店にはCXの実現と実績向上というとても高いサービスが求められています。代理店はとてもつらいです。市場ではPC保有率が減少しスマホやタブレットの保有率が増加、通信やスマホを軸にした様々なサービスへの広がりが実現してきました。auショップでもリアル物販なども始まりスマホを中心としたビジネスチャンスはさらに拡大していると言えます。私たちの生活はスマホやタブレットによってもっともっと便利になっていきます。それに伴いauショップスタッフの仕事はスマホやタブレットでお客様の人生を彩り豊かにするというとても重要でやりがいのある、価値の高い仕事になっていきそうです。
 
ただ、人手不足は深刻さを増し、就職戦線では人手不足を背景に学生に有利な「売り手市場」が続いており、大手企業を中心にますます採用活動が強化されています。大手企業が給与や休職などの制度面の改善を進める中で中小企業はさらに人手を確保しづらくなっており、女性や外国人労働力の活用の必要性も増しています。
 
社内では実績不振に苦しむ中で、依然として人手不足も続いていますが、メンター制度や社内表彰制度といった制度の導入だけでなく、POSシステムなども導入し積極的に職場改善に取り組んできました。営業時間の変更や定休日制度の導入もあり、業界の働き方も少しずつ改善しています。まだまだ険しい道のりではありますが、未来に向けて意思疎通を円滑にしていくことで、道は必ず拓けます。会社が目指しているのは経営理念の実現であり、社是にある「共に栄える」ことです。表面的な栄華でなく、一人ひとりの社員が一番大切なことを大切にし、本当の意味で充実した人生を送ることが「栄える」であり、一人ひとりの社員とその家族が「栄える」ために会社があるのだと信じています。
 
今こそ生まれ変わる時です!
 
会社が成長するためには、みんなが成長しなくてはいけません。意思疎通を円滑にするためには、まずは相手を理解することが大切です。なぜなら、人は誰でも自分のことを理解してくれない人のことを理解しようとは思わないからです。
 
これからも一人ひとりのより充実した人生の実現を目指して
 
まずは相手を理解することから始めましょう!



事業主行動計画

社員が働きがいを感じられる、子育てがしやすいなどの環境を整備し、仕事と子育てを両立させることによって、全員が生き生きとした毎日を過ごす事ができるようにするため、次のような行動計画を策定する。

  1. 計画期間
    平成24年4月1日~平成29年3月31日までの5年間
  2. 内容

目標1:
計画期間内に、育児休業をより取得しやすい環境を整備する。
育児休業取得に対して、人員補充体制等の条件を整備する。

< 対策 >
平成24年4月~部長、課長、店長、総務が条件整備検討する。
平成24年10月~各店舗へ条件・ PR並びに協力等を要請

目標2:
小学生未満の子・要介護の家族を持つ社員に対して、介護休暇、時間外労働の制限等を拡充する。

< 対策 >
平成24年4月~要介護を必要とする家族等の現状把握
平成24年10月~管理職並びに社員全員の理解と協力依頼

目標3 :
子供の看護のための休暇制度・年休使用等の拡充を行う。(学校行事への参加、予防接種等育児全般に関することなど。)

< 対策 >
平成24年4月~社員の聞き取り調査
平成24年10月~準備、実施

沿革

昭和21年10月 : 延岡市に池上鉄工所を創業
昭和32年4月 : 株式会社池上鉄工所に改組
昭和57年10月 : 池上鉄工所温調部を分離独立させ(株)池上冷熱を設立
平成5年5月 : (株)池上冷熱にて九州セルラー電話(株)と代理店契約をむすぶ
平成6年6月 : 携帯電話セルラー販売店セルラースポット出北店を開設
平成7年8月 : 携帯電話セルラー販売店セルラースポット橘通4丁目店を開設
平成8年10月 : 池上冷熱移動体通信事業部を独立させ(株)アイティーを設立
平成10年5月 : 携帯電話セルラー販売店佐土原店を開設
平成11年2月 : 橘通4丁目店をリニューアル移転しセルラースポット江平店を開設
平成12年5月 : アイティー愛宕店を開設
平成12年8月 : 「セルラー」から「エーユー」への名称変更により、
       各セルラースポットをauショップへ変更
平成14年7月 : auショップ江平を店舗拡大し、内装リニューアル。
平成18年6月 : auショップ佐土原リニューアル移転。
平成18年7月 : auショップ愛宕を店舗改装し、内装リニューアル。
平成18年8月 : auショップ出北をリニューアル移転
平成19年11月 : auショップフレスポ宮崎花ヶ島をリニューアル移転
平成25年6月:auショップ平原を開設
平成26年12月:auショップ佐土原をリニューアル移転
平成27年6月:本社新社屋完成・auショップ出北をリニューアル移転
平成28年10月:設立20周年